尼崎市で口コミ1位!根本治療・交通事故治療で評判のよし鍼灸接骨院

よし鍼灸接骨院 交通事故治療もお任せください!
お体の痛みでお悩みの方は、お気軽にお電話ください 06-6497-1535 MAP 住所 尼崎市潮江2丁目38-23 潮江北口バス停前 受付時間

ひざの痛みNO.2 「尼崎市 よし鍼灸接骨院」

こんにちは、よし鍼灸接骨院です。

 

 

どんな治療方法があるの?理学療法には、生活習慣の改善、運動療法、装具療法、物理療法があります。yjimage
生活習慣の改善や「変形性ひざ関節症」の原因となる肥満の改善や、日常生活でのひざに負担がかかる動作の回避、入浴による温熱療法などがあります。
ひざの状態によって行った方がよいものとそうでないものがありますので、お医者さんに相談しながら行いましょう。
また、痛みがある場合には杖をついたり、手すりなどを利用するのもよいでしょう。
さらに和式トイレを洋式に変更したり、正座の生活からいすを使用する生活に変えるのも効果があります。

 

運動療法があります。ひざが痛いと動くのがおっくうになってしまいます。
そのため普段の運動量も減っていき、ひざを守っているひざ関節の周囲の筋肉(大腿四頭筋、ハムストリングス、下腿三頭筋など)も衰えていくという悪循環に陥ります。
日ごろから筋力トレーニング、関節の運動やストレッチなどを行うことがとても重要です。
ひざ関節の周囲の筋肉をきたえることにより、ひざを支え痛みを軽減するとともに、「変形性ひざ関節症」の進行を遅らせます。
あなたのひざの状態に合わせて、適した運動療法をお医者さんに指導してもらいましょう。yjimage

 

装具療法を装着する。日本人に多いO脚では、ひざの内側に多く体重がかかっています。
そのためひざの軟骨の内側が壊れてしまいます。そこで足や靴に装具(靴底)を装着して体重のかかる場所を変える方法が用いられます。
健康用品売り場や靴売り場でも扱っていますが、専門医の指導のもとに使用されることをお勧めします。

 

物理療法があります。光や熱、電気的な刺激を利用してひざの痛みや炎症を抑える治療法で、「温熱療法」と「寒冷療法」があります。
「温熱療法」はひざを温め、ひざの血行をよくし痛みを和らげる治療法です。yjimageC40R0XZJ
病院では赤外線や低周波、レーザー、ホットパックなどを用いてひざを温めますが、家庭でもお風呂や温シップ、温めたタオルを使って行うことができます。
なお、痛みの予防にはサポーターを使って保温するなど、ひざを冷やさない工夫も必要です。
「寒冷療法」は冷シップや冷やしたタオルなどでひざを冷やして痛みを和らげる方法です。

 

 

 

当院では鍼灸、手技療法の他、低周波治療器、高電圧刺激治療器、ローラーベッド、メドマー、
頸椎・腰椎牽引器、超音波治療器など物理療法も豊富に備えています。
腰痛、肩こり、ねんざ、打撲、交通事故治療など、あなたのお悩みは『よし鍼灸接骨院』にお任せください!

 

「※このブログは国家資格である柔道整復師の代表 曾和由行が監修しています。」

ひざの痛みNO.1 「尼崎市 よし鍼灸接骨院」

こんにちは、よし鍼灸接骨院です。

 

 

ひざの痛みNO.1です。yjimage

原因は?はっきりした原因は分かっていませんが、長い期間ひざに負担がかかることで、
ひざの関節でクッション機能を果たしている軟骨に傷がつくことが原因と言われています。

 

加齢によるひざに負担がかかる期間が長くなると、「変形性ひざ関節症」を発症しやすくなります。
また、関節の中にあって軟骨に栄養を供給しているヒアルロン酸が加齢に伴い減少することで、軟骨が傷つきやすくなると言われています。

 

太りすぎに注意!人が歩くときには、体重の約3倍の負荷がひざにかかります。yjimage
例えば、体重が60kgの人では約180kgの負担がひざにかかっていることになります。
体重が重いほどひざに負担がかかりやすく、軟骨や半月板が傷つき発症しやすくなります。

 

姿勢を正しく!猫背など歩く姿勢が悪い場合には、普通の姿勢で歩くときよりさらにひざへの負担が大きくなり、発症が出やすくなります。
また、日本人に多いO脚はひざの内側に体重がかかることが多くなり、内側の軟骨が傷つき痛みを発症することがあります。

 

運動不足です。運動不足で脚の筋肉が衰えてくるとひざに大きな負担がかかってしまい、
ひざの関節でクッションの役割をしている軟骨が傷つき、ひざを動かしたときの衝撃が吸収できにくくなって痛みを生じます。yjimage

 

性別では女性に多く発症することが分かっています。
理由は明らかになっていませんが、閉経などホルモンのバランスも影響していると考えられています。

 

ひざの痛みはどんな症状なの?主な症状は「痛み」「腫れ」「動きづらくなる」です。
運動したときの痛みます。「変形性ひざ関節症」の主な症状は、ひざを動かしたときに生じるひざの痛みです。
最初は、立ち上がるとき、歩き始めるときなど、ひざに体重がかかりやすいときに痛むことが多く、
もう少し進行すると階段の上り下りのとき、正座したときなど、特別な動作をしたときにも痛みが生じるようになります。
じっとしていると痛みが軽くなりますが、病気が進行していくと安静時でも痛みがとれないことがあります。

 

ひざに水がたまり、ひざが腫れることがあります。関節に炎症が起こり、ひざのお皿の周辺に水がたまります。yjimage
水がたまるとひざが腫れて、痛みが生じたりひざが動かしにくくなったりすることがあります。

 

ひざの動作障害(動きづらくなる)正座やしゃがむなどのひざを曲げる動作が難しくなったり、ひざを伸ばすことが難しくなったりします。
また、歩き始めるときに横にぶれて震えることがあります。

 

 

当院では鍼灸、手技療法の他、低周波治療器、高電圧刺激治療器、ローラーベッド、メドマー、
頸椎・腰椎牽引器、超音波治療器など物理療法も豊富に備えています。
腰痛、肩こり、ねんざ、打撲、交通事故治療など、あなたのお悩みは『よし鍼灸接骨院』にお任せください!
「※このブログは国家資格である柔道整復師の代表 曾和由行が監修しています。」

首のこりや痛み 「尼崎市 よし鍼灸接骨院」

こんにちは、よし鍼灸接骨院です。
首のこりや痛み

 ①原因は何?

首から肩にかけて、とくに首に関わる筋肉の鈍い痛みや圧迫感、違和感、不快感をひとくくりにして首のこりといいます。
肉体的、精神的なストレス、自律神経の乱れなどによる首から肩にかけての筋肉の緊張と血流不足が原因です。yjimageC5CWXIU9

  頭を支えることによる首に負担がかかります。
およそ3~4kgの重さがある人間の頭を支えている首には、日常的に大きな負荷がかかっています。
負荷を受けた首の筋肉が緊張し、首のこりの症状が出てきます。
  職場や家での同じ姿勢のディスクワークでも症状が出ます。
同じ姿勢で長時間パソコンに向かっていることで、首や肩周辺の筋肉に緊張が続き、こりの症状があらわれます。

②眼精疲労yjimage11HQYZ1I

目に負担による眼精疲労もあります。
パソコン、携帯電話などによる長時間にわたる目の酷使や、
メガネの度が合っていないなどの慢性的な目の筋肉の緊張や疲労が、首のこりの症状を引き起こすことがあります。
経験がありますがピントが合ってないメガネから良く見えるメガネに変えたときは世界観が変わった気がして気持ち良かったです。
口内の奥歯の噛み合わせが悪くなれば首が良くこっていました。
③運動不足yjimage0AGZI6XS
運動不足による筋肉疲労と血行不良によるものもあります。
日頃から体を動かしていないと、筋肉が普段使われないので、筋肉の緊張や疲労が起こりやすく、
肩や首筋がこります。さらに、運動不足は血行不良を招き、首のこりの発症の原因になります。
④ストレス
ストレスの緊張が負担に成る事があります。
肉体や精神にストレスを受けると、筋肉を緊張させる自律神経の働きが活発になります。そのため、首周辺の筋肉が緊張し、
首のこりが起こります。一時的なものであれば問題ありませんが、yjimageTN1KNB7F
連日ストレスにさらされ筋肉に過剰な緊張状態が続くと、首のこりが慢性化することがあります。
⑤寒さと自律神経
寒さによる冷えと緊張と自律神経の乱れもあります。
寒い場所や冷房の効いた部屋でずっと過ごしていると体に不自然な力が入り、筋肉が緊張します。
さらに、寒さによって自律神経の乱れを引き起こすために、筋肉の緊張が強まり、首のこりの原因となります。yjimageCDCHEM4Z
当院では鍼灸、手技療法の他、低周波治療器、高電圧刺激治療器、ローラーベッド、メドマー、
頸椎・腰椎牽引器、超音波治療器など物理療法も豊富に備えています。
腰痛、肩こり、ねんざ、打撲、交通事故治療など、あなたのお悩みは『よし鍼灸接骨院』にお任せください!
「※このブログは国家資格である柔道整復師の代表 曾和由行が監修しています。」

痛風この病気の原因NO.2(番外編)「尼崎市 よし鍼灸接骨院」

こんにちは、よし鍼灸接骨院です。

 

そもそも痛風って何?痛風は尿酸が体の中に蓄積し、結晶になって激しい関節炎を伴う病気です。
これは高尿酸血症の症状として、血液中の尿酸がたまり、溶けにくくなった尿酸が結晶化していき関節内に徐々に蓄積されます。
そうして徐々に足指の関節や関節に溜まった尿酸が原因で、次第に激しい痛みをだし、痛風へ発展していきます。yjimage
この症状を放っておくと、激しい関節の痛みが繰り返し発生します。
そして体の様々な部位に発疹の一つである結節(けっせつ)が出来たり、腎臓の状態が悪くなってしまう重度の病気です。

 

痛風対策は具体的に何をすれば良いの?
①プリン体を多く含むものは注意しましょう!基本はプリン体を多く含むものは控えること。
②水分を十分にとりましょう!尿酸の排泄量が増加させるためにも、水分をたくさん摂って、尿量を増やしましょう。
③野菜を意識して食べる!野菜、いも類、海藻類などのアルカリ性食品を摂ることで、尿酸を溶かす事が出来ます。
④果糖が多い果物は注意!果糖が多い果物は、摂りすぎないようにしましょう。image
⑤アルコールの飲み過ぎに注意!ビール等のアルコール飲料は、血清尿酸値を上昇させることにつながるので、飲み過ぎには注意をしましょう。

 

突然、足の親指のつけ根から猛烈な痛みにおそわれ、1~2時間もすると足の甲がぱんぱんに腫れあがり、風が吹いてもそのわずかな感触で激痛が走ります。
こんな経験をする人が急増していますが、これが痛風の発作です。
現在、痛風患者数は約60万~70万人で、痛風の前段階である高尿酸血症、いわば痛風予備軍の人は約600万~650万人と推定されています。
患者・予備軍共に男女比では98%が男性です。年齢的には40歳以上の人に多く見られますが、最近では20代後半の若い人にも痛風発作を起こす人が増えてきました。
これは、「食べ過ぎ」「ストレスが多い」「酒を多く飲む」といった生活習慣の乱れや、
「エネルギッシュで手抜きができない」「激しい運動をする」といったことが大きく影響しているといわれています。

 

yjimage

痛風は、体内の新陳代謝によってできる尿酸の量によって起こります。尿酸の体内量はほぼ一定に保たれており、
一日に作り出された尿酸量とほぼ同量が毎日排泄されています。ところが、何らかの原因で体内の尿酸量が増えてしまうと高尿酸血症になります。
尿酸値の正常値は成人男性が血液1dl中4.0~6.5mg/dl、成人女性は3.0~5.0mg/dl。7.0mg/dlを超えると高尿酸血症で、
8.5mg/dlを常に超える状態になると、いつ痛風発作が起きてもおかしくありません。
高尿酸血症になると、血液中に溶けきれない尿酸が結晶となって関節に沈着し、痛風発作を起こします。
高尿酸血症からすぐに痛風発作に結び付くのではなく、発作が起きるまでには少なくとも約8年以上は経過しているといわれています。
当院では鍼灸、手技療法の他、低周波治療器、高電圧刺激治療器、ローラーベッド、メドマー、
頸椎・腰椎牽引器、超音波治療器など物理療法も豊富に備えています。
腰痛、肩こり、ねんざ、打撲、交通事故治療など、あなたのお悩みは『よし鍼灸接骨院』にお任せください!

 

「※このブログは国家資格である柔道整復師の代表 曾和由行が監修しています。」

痛風この病気の原因NO.1(番外編)「尼崎市 よし鍼灸接骨院」

こんにちは、よし鍼灸接骨院です。

 

痛風の初期症状は?突然、痛風になるのではなく、まずは高尿酸血症になります。これは血液内の尿酸値が高い状態が長く続くことで発症します。すると、急に足先の関節などが赤く腫れて、耐えがたいほどの痛みが出てくるのが恐ろしいところです。image

痛風患者の約95%が男性で痛風になりやすい人の特徴があります。特徴的な人だと言われているのが、仕事によるストレスを多く抱えている人や激しい運動でエネルギー消費が激しく、食事量の多い人で肥満の人が注意です。

日本では年配が患っているイメージがありますが、食生活の変化等で最近では20代以降での発症が増加しているので若い人も注意が必要です。

痛風の原因は?ビールのCMで登場する「プリン体」が代謝されると痛風の原因と言われる「尿酸」に変化します。プリン体は身体のエネルギー源であり、血液中には一定量の尿酸が含まれていますが、遺伝や環境による影響で、血液中の尿酸の濃度が高くなり、70mg/dlを超えてしまうと高尿酸血症という状態になります。

尿酸値を上昇させてしまう原因は?プリン体を多量に含む食品の過剰摂取や腎機能の低下とされています。プリン体の過剰摂取については自己管理をしていくしかありませんが、人間ドックにおける尿酸の検査結果では、尿路結石、腎障害、尿毒症などの症状のチェックが可能です。

プリン体を多く含む食べ物と少ない食べ物がありますので紹介します。

プリン体を多く含む食べ物、レバー、マイワシ干物、イサキ白子、アンコウ肝酒蒸し、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、さんま干物です。image

プリン体が少ない食べ物、うなぎ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、牛肩ロース、牛タン、マトン、ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、つみれ、ほうれん草、カリフラワー、とうろもこし、じゃがいも、さつまいも、米飯、パン、うどん、そば、果物、キャベツ、トマト、人参、大根、白菜、海藻類、コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、ウインナーソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ、バター、鶏卵、 以上です。

 

当院では鍼灸、手技療法の他、低周波治療器、高電圧刺激治療器、ローラーベッド、メドマー
頸椎・腰椎牽引器、超音波治療器など物理療法も豊富に備えています。yjimage
腰痛、肩こり、ねんざ、打撲、交通事故治療など、あなたのお悩みは『よし鍼灸接骨院』にお任せください!
「※このブログは国家資格である柔道整復師の代表 曾和由行が監修しています。」